2021.04.02


こんにちは、OREOリードトレーナーの間宮愛です。

街で新社会人を見かけ今年も新年度がはじまったことを実感しました。暖冬の影響で4月に入ったばかりなのに桜はほとんど散ってしまいましたね。今年もお花見を自粛された方が多かったかと思いますが、今年の桜はいつもの桜と少し違うように感じたのは私だけでしょうか。リモートワークや外出自粛により心の余裕がもてたことで、騒がしい日常で忘れていたもの・感じとれなくなっていたものを自然と少しずつ思い出しているような気がしています。ワクチンが広まればきっとコロナ前の日常生活に戻ると信じていますが、もとの日常に戻っても感受性は忘れずにもっていたいものですね!


・FUKIKO先生が加わりました!

さて、今月からマンツーマンセッションにOREOリードトレーナーの瀧澤布芸子(FUKIKO)先生が加わってくださることになりました🎵FUKIKO先生は生徒さんからとても人気のある先生で、私自身も大好きで尊敬している先生です♡ヨガに対する姿勢はもちろんですが人としても最高に素敵な先生です!いつどんな時も生徒さんに対して真摯に向き合い、そして優しく丁寧に対応されています。いつも素敵な笑顔で明るく接してくれるので、お話しているとこちらも明るい気持ちになり元気が湧いてくる、そんな先生です^^FUKIKO先生の詳しい紹介は前のブログに載せていますので、是非そちらをご覧ください‼️そして、とても優しく経験豊富な先生ですので、皆さまも是非一度お話してみてくださいね♡

参考記事:FUKIKO先生ってどんな人?リードトレーナーFUKIKOをご紹介!
https://oreo.yoga/blog/FUKIKO%E5%85%88%E7%94%9F%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%A9%E3%82%93%E3%81%AA%E4%BA%BA%EF%BC%9F%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BCFUKIKO%E3%82%92%E3%81%94%E7%B4%B9%E4%BB%8B%EF%BC%81/?source=news


・アーサナについて

今月はアーサナをとっていてただただ疲れる、、と感じている方も多いと思いますのでその対策法をお話したいと思います。

『アーサナではそこに居続けたくなるような心地よいところを見つけるようにしてください』

アーサナをとっていると1箇所に集中して負荷がかかっていることはありませんか?その状態でホールドしているとただ疲れるだけで全く心地よくないので「辛い」「疲れた」という気持ちが浮かんでくるかと思います。そんな時はそのアーサナを自分の心地よいものに変えるためにどうしたら良いか考え身体で感じてみてください。

「自分に合った土台のスタンスやポジションは見つかっていますか?」
「エネルギーの方向は合っていますか。その方向に伸ばし続ける意識ができていますか?」
「呼吸は楽にできていますか?」

例えば立位だと前側の脚を曲げたり、体重をかけていくことが多いため前の脚に意識が向きやすいです。その為後ろ側の脚への意識やエネルギーを特に‼️強く持つようにすると力も前脚だけにかからず分散されます。そうすると1箇所への負担ではなく脚全体を使うことができるので心地よい疲労を感じることができると思います。アーサナをとるときはどのポジション(深め過ぎず怠け過ぎず中間)が自分にとって心地よいのかを練習しながら探り、アーサナに自分を合わせるのではなく、アーサナを自分に合わせるようにしてください!そして3分でも5分でもそこに留まりたくなるような快適なところを見つけていきましょう^^


ではみなさん、4月もどうぞよろしくお願いいたします。分からないことや行き詰まるようなことがあれば、オンラインだからこそ一人で考え込まずに気軽に事務局や私まで連絡してくださいね!

2021年4月2日
間宮愛