2021.03.04


こんにちは、OREOリードトレーナーの間宮愛です。

2月もバタバタと過ぎてしまい気づけば3月でした。今年は特に時が経つのが早く感じます。コロナの影響で世界が一変してしまいましたが、人間の根本にあるものは決して変わっていないのでワクチンが広まればまたコロナの前の元の世界に戻ると私は思っています。いよいよ日本でもワクチン接種がはじまったのでもう少しの辛抱です。感染者がリバウンドせぬようみなさんで一致団結してあともう少し乗り切りましょう!

さて、2月のメッセージの時にお話させていただきましたが、皆さま‼️インストラクションのアウトプットをオンラインなどでご家族や友人にお付き合いいただき練習を行っていますか??まだの方、是非今月からでもトライしていってくださいね^^今日はアーサナとインストラクションの練習のポイントについてお話させていただきたいと思います!

・アーサナをとるときのポイント
まずは教科書やビデオ講座でお伝えしているアライメントのポイントや注意点を必ず体を使って体で感じて体で理解してください‼️そしてアライメントを理解したら、必ず感じてもらいたいことがあります。どのアーサナでも常に意識していただきたいことは"流動性がある"ということです。ただ手を上げるのではなく「上げ続けている」、土台となる部分は「押し続けている」ヨガは形が整ったらそれでおしまいではなく、そこからが始まりでずっと進行形です。どっち方向にエネルギーを向けていくのか、拮抗するエネルギーはどっちなのか、そんなことを意識してポーズをとっていると身体の中を巡るエネルギーを感じることができると思います。ここが意識できるようになると更に安定や充実感、心地良さを味わうことができると思いますので、講座でもお伝えしていますエネルギーの矢印の方向を是非もう一度確認しながらアーサナの練習をしてみてください‼️

・インストラクションのポイント
今皆さま講座を受講していて覚えることがたくさんある上にインストラクションも覚えなきゃで大変かと思います。始めたばかりでいきなりインストラクションしてくださいと言われても何を話して良いか全く分からないと思いますので、最初は書き起こしてそれを覚えて発する練習をしていただいていますが、何回も何回も繰り返し練習していくと自然と組み立て方などがインプットされ、慣れてくると暗記せずともポイントを理解すると言葉が出てくるようになります。繰り返しの練習をする際にただただ暗記をしようと思うと沢山のアーサナを覚えることは難しいかと思います。
まずはインストラクションなしでアーサナを何回もとり、そのポーズのポイントや注意点を体を使いながら把握してください。そして書き起こしたものを見ながら自分でその通りにポーズをとり、インストラクションと体の動きの繋がりを理解しながら練習していってください。自分の発している言葉を理解してインストラクションするようにしていると、アーサナのポイントを押さえれば暗記せずともいずれ自分の言葉に変えてインストラクションができるようになります。まずはしっかりとアーサナを体で覚えることをお勧めします‼️

受講中分からない点や疑問に思ったことなどがあればお気軽にマイページのお問い合わせからご連絡くださいネ!オンラインだからこそ一人で悩まずつながりを感じながら学習していただけたら幸いです。

2021年3月4日
間宮愛