【超速報】RYT200オンライン2021年末まで延長!2021 RYS Online Exemption(10月29日発表)2020.10.29


2020年12月末までとされていたRYT200のオンライン受講免除について、2021年12月末まで延長されることが全米ヨガアライアンスのShannon Roche President and CEOにより正式に発表されました。


延長に関しましてスクール(RYS200)に対して下記の要件が追加されております。



参加要件

・2021年9月までにオンライン講義延長の申請をすること。

・定期的に送られる全米ヨガアライアンスからのアンケートにタイムリーに回答すること。アンケートはスクール、トレーナー講師、受講生が対象。

・全米ヨガアライアンスからの要求に応じて教材(動画・テスト・受講生のテストの結果)を提出すること。

・新設されたYoga Communityへ参加すること。


カリキュラム要件

・教材は動画だけでは無く、(オンライン上で)リアルタイムで講師から教える機会を設けること。(「同期」と「非同期」を必ず混ぜること。)

・教育の合計時間の内、半分はリードトレーナーが実施すること。

・リードトレーナーは最大5名までとすること。




このような要件が追加されたことから、RYT200のオンラインでの資格取得を考えておられる方は特にカリキュラム要件が守られているかを注意するとよいでしょう。


完全に録画配信だけで、講師とリアルタイムで授業を行う時間がない場合は正式な資格が取得できない可能性があります。また、録画配信であっても総時間の半分以上をリードトレーナーが担当していない場合も正式な資格が取得できない可能性がありますので、どの講師がリードトレーナーなのかどうかも事前に確認しておくとよいでしょう。




RYT200オンラインはOREOで受講しよう!


OREO YOGA ACADEMYではRYT200オンラインの講座が受講できます。24時間視聴可能な録画配信をメイン(すべてリードトレーナーの間宮先生が担当)としており、リードトレーナーの間宮先生とマンツーマンで会話ができるオンラインセッションの組み合わせでとても人気を集めています。


中間テストや卒業テスト、卒業課題など本来のRYT200カリキュラムを忠実にオンラインで再現したものになっており、自宅でもしっかりと学びたい方にオススメです。費用も本来価格45万円がオンライン価格29万円と大変お得になっているOREOでRYT200オンラインを受講してみるのはいかがでしょうか?


録画配信がメインなので時差のある海外在住の方にもオススメです。







OREOの実際の授業風景




無料のオンライン説明会を随時行っておりますので、まずはお話を聞いてみたいという方は「説明会を予約する」からご予約くださいませ。