【インストラクターインタビューVol.5】くるみさん「人生一度きり!出来る時にやりたい事をしよう!」決意し、約半年で資格を取得!!2020.06.12


こんにちは!OREO YOGA ACADEMYの福田でございます。

本日は【インストラクターインタビューVol.5】をご紹介します。


【Vol.5】くるみさん


契約スタジオ

HOT STUDIO SANCTUARY

ホットコラーゲンスタジオルキナ

常温女性専用スタジオのヨガステ


レッスン数

週13本(溶岩6本、ホット5本、常温2本)



銀行事務OLからレギュラーレッスン週13本のヨガインストラクターへ!!


福田:くるみ先生はなぜヨガインストラクターになろうと思ったのですか?なるまでの経緯など教えていただきたいです。


くるみ:OLで銀行事務をしていた時に、座りっぱなしから来る首、肩のコリ、ストレス解消をきっかけに区のスポーツセンターで高齢者と混じってヨガを受けたのが最初です。インストラクターさんの明るい笑顔、雰囲気、声がけに心も体もスッキリ。私もいつかインストラクター側になりたいと思い始めました。ただ、そこから実際どの養成スクールに通おう、予算の問題もあるし、、と通い出すまで数年経ちました。震災を機に、人生一度きり!出来る時にやりたい事をしよう!と決めて、養成に通い約半年で資格を取りました。


福田:銀行に勤めながらインストラクターへの思いがあったのですね!資格取得後デビューまではどのくらいかかりましたか?


くるみ:銀行事務を辞め、アルバイトでスポーツクラブのフロントでスタジオの様子や雰囲気をつかみ、溶岩ヨガスタジオの社員としてインストラクターを目指し勤務しました。


デビューには半年弱かかりました。勤務前や後に上司とマンツーマンで実技の練習、慣れたら先輩や同僚に模擬レッスンを発表、その繰り返しでした。
業務後に練習に付き合ってくれてアドバイスをくれた先輩、同僚にも感謝しています。


当初、元々体が硬いので、インストラクターデビューは難しいだろうと言われていましたが、諦めきれませんでした。そして2か月間の代行レッスンを担当することになり、徐々にレギュラーレッスンが増えてフロント業務と週10本、リラックスやビギナーのレッスンを担当しました。


福田:諦めずに努力されたんですね。


くるみ:業後に更に練習、自宅で自分のインストラクションの声を携帯で録音し聞き直して、言い回しが変な所を修正してました。お正月明け初日のレッスンデビューだったので、休館日に誰も居ないスタジオを借りて、60分のレッスンを通しで自主練していました。デビュー前日のワクワクドキドキしてた感じが懐かしいです。





くるみ先生の1日のスケジュール


8時:起床、朝食

9時:スタジオへ向かう

10時半〜14時:レッスン2本

合間に都立大学店近くのカフェでランチし13時のレッスンに備える
レッスン後、スタジオのシャワーを借り、ゆっくり帰りつつ途中、スーパーで買い物。

16時:帰宅

夕飯作りの前に、ひと息つきながら好きなスイーツを食べる。

18時〜22時:夕飯、洗濯、自由時間

LINEや電話、ドラマ、バラエティ、録画番組、YouTubeで猫のお気に入りの動画を見て癒される。

23時:リラックス音楽を聴きながらうつ伏せ、仰向けで出来るむくみ解消、ゆるめのストレッチ。

24時:就寝





この仕事は体が資本!よく食べよく寝る事がとても大切


福田:インストラクターをやっていて何か苦労することはありますか??やりがいはどんなところですか?


くるみ:苦労より日々のテーマですが「体調管理」です。この仕事は体が資本です。よく食べよく寝る事も、とても大切。毎年、年末に高熱を出すので今年こそは予防接種を早めにして年末まで元気に働きたいです。


やりがいは、サンクチュアリで初級、中級、上級、マッサージやエクササイズ系まで幅広くレッスンさせてもらってる所です。新しいレッスンをする前の事前勉強からやりがいですし、自分の為にもなる。それをお客さんとレッスンでシェアした時の反応を見るのが何より楽しいです。


福田:くるみ先生は今後目標などございますか?


くるみ:オンラインレッスンをしてみたいです。大手オンラインスタジオに問い合わせた所、応募が殺到していて新規採用はストップ。残念ながら見送りになりました。またオーディション再開の際はエントリーしたいと思います。


マタニティヨガ、産後ヨガ、チェアヨガ、食生活アドバイザーの資格も取りたいです。あと骨ナビ、野外ヨガ、有名な先生のWSやレッスンも受けて知識を深めたい。今までスタジオ間をパタパタ移動する日々でしたが、だんだん時間に余裕が出てきたので、落ち着いてお客様と向き合い、よりよいレッスンを提供したいです。





「お客さんに指示されるインストラクターに」自分らしくレッスンする気持ちを大事に!練習は裏切らない!継続は力なり!!


福田:インストラクターを目指している方にアドバイスするとしたら何かございますか?


くるみ:まず、養成スクールで出会った先生、仲間は財産です。大切にして下さい。皆さんがレッスンデビューしたら最初は緊張するかもしれません。私もド緊張でした。いまだにしてますが、緊張すると表情が固まるので口を大きく「あいうえお」と繰り返し言うと滑舌もよくなります。何か発表する前にやってみて下さい。デビュー当初は間違っても思い切りレッスンしよう。技術より笑顔、お客様との挨拶、できる事を優先しようと心掛けてました。


オレオの理念のように「お客さんに支持されるインストラクターになろう」この事は、私も続けていて思うのですが、お客さんは、レッスン内容以外にインストラクターのキャラクター部分も見て選んで下さってるのでは?と感じます。飲食店、美容室、どのお店を選ぶ時もきっとそうですよね?その人の接客や話、性格が好きだから、また行く。


私に関しては、天然部分をお客さんは見抜いていると思います、笑。一方で笑ってないと近づきづらいのでは?と感じます。より身近に感じて頂きたい気持ちでレッスンしています。レッスンを淡々と進めるのではなく、体や食事に関するマメ知識、身近にあった雑談をほんの少しレッスンの合間に話して、私というキャラクターを出すようにしています。


皆さんもデビューしたらレッスンをよく見せなきゃ!という気持ちより笑顔で楽しんで【自分らしく】レッスンする気持ちを大事にしていれば、自然とお客さんも笑顔となり、リピートしてくれるはずです!


【練習は裏切らない】【継続は力なり】の言葉もプレゼントしたいと思います。頑張ってください!!


福田:インストラクターは技術だけでなく、人柄や雰囲気も大切ですよね!お客さんとのコミュニケーション、関係性を深めることで怪我を防げたり、成長を感じれたりしますよね!くるみ先生の貴重なお話をしていただき、ありがとうございました。



---

OREOでは全米ヨガアライアンスRYT200の資格が取得できます。初心者でも分かりやすいカリキュラムで、卒業後のアフターフォローに特に力を入れてやっています。ご興味のある方はぜひ無料説明会にお越しください。


無料説明会のお申し込みはこちらから。