フルタイムで働きながらでも2ヶ月でRYT200を取得!?オンラインだから実現した仕事と資格の両立。2020.10.12


新型コロナウイルスの影響により、全米ヨガアライアンスRYT200が2020年内のみの期間限定でオンラインで取得できるようになりました。まだまだ始まったばかりですが、もうすぐ終了してしまう「RYT200オンライン」、みなさん興味はあっても色々な疑問もあり悩んでいる方も多いのではないでしょうか?


今回は、現在フルタイムで働きながらオンラインでRYT200資格取得中の長尾陽子さんに実際に受講してみての感想などお話を伺ってみました。


RYT200はオンラインで今すぐ取らないと損!?12月末までの特例措置?費用は?海外からでも取れる?



長尾陽子さん



現在のお仕事内容とヨガのご経験を教えていただけますか?


現在はHOT STUDO SANCTUARYという都内のヨガスタジオでフロントスタッフとしてフルタイムで勤務しています。基本的に1日7時間勤務で週休2日制になっています。

ヨガは15年くらい前に初めて体験した事がありましたが、この仕事に着く前にワーキングホリデーでいたオーストラリアのスタジオに通ったのがハマったきっかけです。



オンラインでRYT200を取得しようと決めたきっかけは何ですか?


2020年あっという間に過ぎていき、振り返った時に何か残るものが欲しかったので取得しようと思いました。フルタイムで働いているのでRYT200資格取得は時間的に難しかったのですが、オンラインで取得できるようになったのでこの機会に取得できるチャンスだと思い受講を決めました。






フルタイムで働きながらRYT200資格の勉強をするのは大変ではないですか?


OREOのオンラインは録画配信がメインなのでスキマ時間をうまく見つけて勉強を進めることができるのでとても助かっています。まだスタートしたばかりで先は長いですが、スタートした以上勉強と思わず楽しみながらコツコツすすめたいと思います。



実際にどのような時間配分で資格の勉強を進めていますか?


時間は想像した以上にかかりそうです。人にもよると思いますが私は性格上メモ魔なのでYouTubeがなかなか進まないです。慣れてくればペースアップできると信じています。最初はゆっくりインプットしています。シフト勤務なので出勤までの時間で区切りがいいところで切っています。1本を一回で見終えることはかなりの集中力も必要だと思うので難しかったです。






オンラインのスクールを選ぶ際にもっとも重視した点は何ですか?


実際にスタジオがあればレッスンを受けて先生やスクールの雰囲気が自分と合うかです。私の場合、他のスクールはあまり比較せずに間宮先生のことを昔から知っていたので間宮先生に教えて頂くのが理想的でした。


RYT200オンラインスクール選びに重要な4個のチェックリスト



オンラインコースを実際に受講してみていかがでしたか?良かった点、悪かった点など教えてください。


オンラインコースは良し悪しがあると思います。自分のペースで出来るのは嬉しいですが私みたいにスローだと要領良く先にすすめないと期日があるのであとで苦労するかもしれません。ただ、YouTubeがしっかり出来ているので止めてメモしてが繰り返しできるので細かいところまで拾えると思います。






テストや課題は難しかったですか?


テスト、課題はこれからです。課題は20本レッスンを受けレポートを書きますが、今までとは違う目線でレッスンを受けることができると思います。


【RYT200オンライン】テストは難しい?ちゃんと卒業できる?中間テスト、卒業テストの一部を公開!



オンライン受講にあたって工夫していたことはありますか?


工夫していた事は、ながらでは到底出来ないのできちんと集中できる環境を作ることです。また動画を視聴するだけではなくしっかりとメモを取り理解を深めながら進めることを意識してやっています。





担当講師の印象はどうですか?


話し方に人柄が溢れて、レッスンをされているイメージが想像でき、そのままの優しく穏やかな印象でとても安心して受講できています。YouTubeをみたあとは夢に出てくる事もしばしあります!



資格取得後の目標や決まっていることがあれば教えてください。


まずはフロントスタッフとして知識が増えればよりお客様との会話も深まりたのしくなるのではないかとおもいます。あとは、友人や家族の健康にもヨガを通して関わっていけたら嬉しいです!


【保存版】オンライン個別説明会よくある質問






RYT200オンラインはOREOで受講しよう!


OREO YOGA ACADEMYではRYT200オンラインの講座が受講できます。24時間視聴可能な録画配信をメインとしており、ヘッドティーチャーの間宮先生とマンツーマンで会話ができるオンラインセッションの組み合わせでとても人気を集めています。


中間テストや卒業テスト、卒業課題など本来のRYT200カリキュラムを忠実にオンラインで再現したものになっており、自宅でもしっかりと学びたい方にオススメです。費用も本来価格45万円がオンライン価格29万円と大変お得になっているOREOでRYT200オンラインを受講してみるのはいかがでしょうか?


録画配信がメインなので時差のある海外在住の方にもオススメです。







OREOの実際の授業風景




無料のオンライン説明会を随時行っておりますので、まずはお話を聞いてみたいという方は「説明会を予約する」からご予約ください。