【RYT200オンライン】テストは難しい?ちゃんと卒業できる?中間テスト、卒業テストの一部を公開!2020.09.25


新型コロナウイルスの影響により全米ヨガアライアンスが発行するRYT200の資格が年内限定でオンラインで取得できるようになりましたね。


RYT200のオンライン講座に興味を持たれている方が増えてきておりますが、テストや課題に不安を抱えている方も多いのではないでしょうか?授業の受講は終了しても、テストや課題でつまづいて卒業できないのでは?と不安な方のためにOREO YOGA ACADEMY RYT200オンラインコースの中間テスト卒業テストと課題を一部公開いたします!


RYT200はオンラインで今すぐ取らないと損!?12月末までの特例措置?費用は?海外からでも取れる?





課題とテストはいくつある?


まず最初に課題とテストがそれぞれいくつあるのかまとめると、OREOのRYT200オンラインコースのテストと課題は下記の通り、テストが5つ、課題が4つとなります。


テスト

■中間テスト ヨーガ哲学編

■中間テスト 解剖学編

■卒業テスト 実技:実際に生徒さんに向けて行ったレッスン風景20分間の動画を提出

■卒業テスト ヨーガ哲学編

■卒業テスト 解剖学編


課題

■受講後課題 シークエンス動画の提出

■卒業課題 レッスン受講レポート

■卒業課題 ヨガ指導レポート

■卒業課題 4000字レポート





テストの一部を公開!


中間テストヨーガ哲学編と卒業テスト解剖学編の一部スクリーンショットを公開いたします。すべて授業を受講していれば回答できる内容となっております。なお、すべてオンラインで回答する形となります。(スマホからでも可)


■中間テスト ヨーガ哲学編




■卒業テスト 解剖学編






課題についても詳しく解説!


課題についても疑問点を持たれている方多くおられると思いますので、下記の解説を参考にしてください。


■受講後課題 シークエンス動画の提出


ビギナー、ベーシック、パワーヨガのシークエンス動画20分をご自身で撮影して提出していただきます。すべての講義の受講が終了してから提出してください。

なお、受講生のみが視聴できる間宮愛先生の参考シークエンス動画を視聴しながら練習していただくことが可能です。



■卒業課題 レッスン受講レポート


20回分のレッスン受講レポートを提出していただきます。 レポートはいつでも提出できますので計画的にレッスンを受けることをおすすめします。勉強のため毎回同じレッスンではなく、色々なインストラクター、レッスン内容、強度を受講してください。

新型コロナウイルスの影響でヨガスタジオに通えない方もおられるかと思いますので、オンラインのレッスンでも問題ありません。



■卒業課題 ヨガ指導レポート


5時間のヨガ指導レポートを提出していただきます。基本は60分のレッスンを5回ですが、90分を2回、60分を2回などでも問題ありません。参加者は多い方がご自身の勉強になるとは思いますが、1名以上であれば問題ありません。ご自身の行ったレッスン内容(テーマや目標のアーサナ)、レベル、シークエンス等と共に参加者からの感想を簡単で大丈夫ですのでいただいて提出してください。



■卒業課題 4000字レポート


1つ(複数でも可)のアーサナを選び、多様な方向から分析し4,000字以上でまとめて提出していただきます。解剖学に基づいて関節の動きや筋肉の動きそのアーサナが心や身体にもたらす効果について詳しく解剖学やヨガの専門用語を用いて作成してください。用紙の指定はありませんので、ご自身でレポートを作成して提出してください。



【保存版】オンライン個別説明会よくある質問




RYT200オンラインはOREOで受講しよう!


OREO YOGA ACADEMYではRYT200オンラインの講座が受講できます。24時間視聴可能な録画配信をメインとしており、ヘッドティーチャーの間宮先生とマンツーマンで会話ができるオンラインセッションの組み合わせでとても人気を集めています。


中間テストや卒業テスト、卒業課題など本来のRYT200カリキュラムを忠実にオンラインで再現したものになっており、自宅でもしっかりと学びたい方にオススメです。費用も本来価格45万円がオンライン価格29万円と大変お得になっているOREOでRYT200オンラインを受講してみるのはいかがでしょうか?


録画配信がメインなので時差のある海外在住の方にもオススメです。







OREOの実際の授業風景




無料のオンライン説明会を随時行っておりますので、まずはお話を聞いてみたいという方は「説明会を予約する」からご予約くださいませ。