【RYT200オンライン】マンツーマンオンラインセッションのセッション内容をご紹介!2021.02.09


OREO YOGA ACADEMYではすべての受講生とリードトレーナーによるマンツーマンのオンラインセッションを設けています。講義の確認やアライメントの確認、その他質疑応答などの時間に当てられますが、「オンラインセッションはしっかりと準備してからでないと受講してはいけない」と思われている方も多いようです。


実際にはオンラインセッションはしっかりできているか確認する時間ではなく、しっかりできるようになるために確認していく時間になりますので、みなさまお気軽に受講してくださいね!(みなさんできなくて当然です!)


さて今回はそのオンラインセッションのセッション内容をタイムスケジュールと共にご紹介したいと思います。


第1回

0-5 分

ヨガ歴やRYT取得後の目標や目的などを共有

システムや課題について不明点の確認

5-15 分

ビデオ講座 1〜3 回座学部分の質疑応答

15-45 分

ビデオ講座 1〜3 回実技部分の苦手なアーサナやアライメントの確認

45-55 分 

太陽礼拝Aのインストラクション発表(時間がなければ割愛し次回へ)とフィードバック

インストラクションで意識したいことの共有

55-58 分

最終的な質疑応答


第2回

0-10 分

ビデオ講座 4〜6 回座学部分の質疑応答
第1回セッションで確認した部分について現在どういう状態か確認

10-45 分

特に苦手なアーサナのアライメントの確認

45-55 分

縦・横 3 ポーズのインストラクション発表(時間がなければ割愛し次回へ)とフィードバック

55-58 分

最終的な質疑応答


第3回

0-20 分 

ビデオ講座 7〜10 回座学部分の質疑応答

シークエンスの組み立て方、プログラミングの方法について理解できたか確認

動画の作成ができそうか確認

20-30 分

全てのビデオ講座の質疑応答

30-45 分 

ビデオ講座 7〜10 回実技部分の苦手なアーサナのアライメントの確認

45-53 分 

ほぐしのシークエンスの発表とフィードバック

53-58 分

全てを通して最終的な質疑応答


コメント

質問をたくさん準備してくれている方は 30 分以上質疑応答に時間がかかることもあります。また重視したいこともそれぞれ異なり生徒さんに合わせて内容を変えているため一概には言えませんが、大体このような流れで行います。 多くの方がアライメントの確認に多く時間を費やしています。リードトレーナーがポーズを誘導しながら受講生にポーズをとってもらい、意識したいポイントをお伝え・確認しながら進めていきます。自分だけで練習している感覚と全然違うと言われる方が多いです。



いかがでしょうか?マンツーマンオンラインセッションはぜひみなさんお気軽に受講予約してくださいね!


---

オンラインでRYT200を取得できるチャンスは2021年末までの期間限定です。ぜひこの機会に一生つかえるヨガ資格であるRYT200を取得しませんか?


OREO YOGA ACADEMYでは無料のオンライン説明会を随時行っておりますので、まずはお話を聞いてみたいという方は「説明会を予約する」からご予約ください!







RYT200オンライン関連記事


RYT200はオンラインで今すぐ取らないと損!?12月末までの特例措置?費用は?海外からでも取れる?(期間延長決定:10月29日更新)



RYT200オンラインスクール選びに重要な4個のチェックリスト



【RYT200オンライン】テストは難しい?ちゃんと卒業できる?中間テスト、卒業テストの一部を公開!



【保存版】オンライン個別説明会よくある質問



フルタイムで働きながらでも2ヶ月でRYT200を取得!?オンラインだから実現した仕事と資格の両立。




RYT200オンラインはどんな人が受講してるの?気になる受講生データはこちら!